CBA日記への投稿をお待ちしています...。

​担当者:森田 秋子・山本 総

連絡先:E-mail cbaninchikanren@gmail.com

詳細はこちら

CBA日記

日本言語聴覚士協会 地域言語聴覚療法講習会 訪問・通所ST勉強会にて

そろそろ、在宅のことを語らなければならない!(笑) 地域の時代というが、地域リハはやはり難しい。しかし、ずいぶん力強い人材が育ってきているようにも感じる今日この頃だ。先日行われた日本言語聴覚士協会主催在宅実務者講習会、「通所・訪問における言語聴覚療法」講習会に出向いた際、30代40代の経験豊かなSTの参加比率が増えていること、開業しているSTが少なからずいること、男性STが意外に多いこと、グループディスカッションで積極的でたくましい意見も出ること、などの様子を目の当たりにして、在宅の場でSTが「育っている」のを感じた。 講師陣もパワーアップしている。黒羽真美介護保険部長(介護老人保健施設マロニエ苑)の「制度論」は、理事2期目に入った彼女の知識と弁舌力アップに驚かされる。山本徹氏(永生会リハビリ統括管理部)の「嚥下・栄養へのアプローチ」は、いつもながらの彼の懐深い人間論的嚥下リハに胸が熱くなる。市川勝氏(さがみリハビリテーション病院)「リスクマネジメント」では、はじめて市川さんの話を聞く機会となったが、パワー爆裂でありながら柔軟でしなやかな思考に「これでSTのトークか」と思い、舌を巻いた。宮田睦氏(昭島相互病院通所リハ室)の「グループワーク」では、実践的事例を提示していただいたあと、講師陣が演じるロールプレイに参加者を巻き込んで、リハビリテーション会議への理解を進める。講師陣一丸となった構成力と演技力に脱帽した。 今回、あらためて自分に対して気がついたことがある。これまで、回復期のステージで働いた経験が最も長く、自分を「回復期ST」と自認しているが、昔は入院期間が長期間であったた

一宮西病院にうかがいました

社会医療法人杏嶺会一宮西病院にお招きいただき、CBAの話をさせていただいた。 杏嶺会は愛知県一宮市にあり、総合病院である一宮西病院、回復期リハビリテーション病棟を備える尾西記念病院、精神科を備える上林病院等をもち、幅広い医療・福祉を展開する。法人全体のセラピストに参加いただくと伺っていたが、当日の参加者はなんとPT、OT、ST総勢で230名であった! 会場となった一宮西病院は、大変広く、美しく、設備の整った病院で、広い会場にスクリーンを2つ使って行った。120分のお時間をいただいたため、話があちこち寄り道しても、時間を気にして早口になることなく話ができてありがたかった。「あきることなく、2時間楽しく聞くことができた」と感想をいただき、一安心だ。 終了後の懇親会にも感激した。総勢20数名。PT、OT、ST、異なる施設からの参加メンバーが代わる代わる近くに来て話しかけてくださった。酔った記憶をたどって思い出す印象としては、圧倒的多数を占めるPTたちは、柔軟で好奇心旺盛だった。STたちは賢くて意志が強くて断固進んでいく感じ。OTはしなやかに、全体を眺めている印象を受けた。基本的に職種間の関係がよく、またそれぞれの職種に芯のある中堅・ベテランの人材が揃い、地域リハを支える強いリハチームと感じた。遅い時間から開始の懇親会に一宮の夜は更け、名古屋の自宅にたどり着いたのは深夜であったが、たくさんの英気をもらった夜であった。法人リハビリテーション部統括部長の小倉清孝氏はじめ、労を取ってくださった多くの皆様、ほんとうにありがとうございました。 CBA書籍発行以来、「CBAの話を」と請われれば、日

回復期STよ、どこへ行く...!?

平成28年度セラピストマネジャーコース第2クールが終了した。今回も、前半3日間担当委員として参加した。同じくST委員として参加していた森ノ宮病院の椎名英貴さんは、遠い昔の養成校時代の同級生で、第2クールは椎名さんの「摂食嚥下障害」、私の「コミュニケーション論」、橋本圭司先生の「高次脳機能障害」等の講義が組まれ、ST色の濃い構成であった。第7期セラマネSTメンバー8名と椎名さんと私は、誰一人欠けることなく初日から交流会(飲み会!)を開催し、回復期ST談義に花を咲かせて大いに盛り上がった。 セラマネコースに参加するSTは、職種の比率以上に少なく、さらに回を追って減少傾向にあったため、「セラマネに参加するリーダーSTは、いなくなってしまうのか?」と不安を感じていたが、今年は全120名の参加者のうち8名まで回復し、また男性比率が8人中6人と高く、血気と頼もしさの漂う例年と少し趣の異なったSTチームであったため、STの今後の展開に希望が感じられた。 セラピスト5か条の記事に示したように、今回ST5か条作成に参加する機会をいただき、改めて「STとは何か」を考えた。その中で、STは嚥下や失語症などの極めて専門性の高い領域を持つ一方で、コミュニケーションに関わる職種という観点から、生活や人生まで広げて関わる職種、と考えるようになった。ST委員の議論で合意し、素案を公開したが、いただいている意見も概ねこの提案に好意を示していただいており、この方向でよいと考えていた。しかし、セラマネ終了後複数の人と意見交換する中で、ことはそれほど単純ではないのかもしれない、と考えるようになった。 「STは専門特化

国立病院STの会にて

名古屋に来てから親しくさせていただいている、名古屋医療センターのベテランSTの横井紀久子先生のお招きで、国立病院のSTが行っている勉強会でCBAの話をさせていただく機会を得た。今年の開催地は大阪刀根山病院ということで、初めて訪れた。国立病院のSTの皆さんにCBAがどのように受け止められるのか、いささか緊張してでかけたが、素敵な方たちとの出会いや再会があり、大変良い時間を過ごさせていただいた。地元大阪だけでなく、名古屋、東京はもとより、福岡や青森からの参加者もあり、国立系のSTの結束力の強さに感心した。急性期の方が多いのかと思っていたが、老人保健施設の方も参加されていた。終了後は良い質問をしていただき、議論も盛り上がり大変楽しかった。後日PTやOTの方も参加されていたことを知り、ありがたく感じた(話はすっかりSTのことに偏っていたので、申し訳ありませんでした!)。 大坂地区のSTにも声をかけていただいたため、ST協会の活動でよく存じ上げている、大阪保健医療大学の大西環先生も参加してくださっていた。終了後昼食をとお誘いしたところ、偶然帰りの電車で同じく参加してくださっていた大阪医療センターの古澤三千代先生ともめぐり合わせ、3人で楽しい大阪のランチとなった。梅田の街を見下ろす素晴らしいロケーションのレストランを見つけていただき、大変おいしいスパゲティを食べながら、急性期のST談義を繰り広げ、またCBAの感想もゆっくり聞かせていただくことができ、充実した午後になった。お二人には、このブログに記事にさせていただく許可もいただいた。古澤先生からはさっそくCBAの感想の投稿もいただき、実り大

PT・OT・ST 5か条につぶやく

回復期リハ病棟協会POS委員会の今年の大きな目標の1つに、各セラピスト5か条の作成がある。すでに完成しているセラピスト10か条の下に(上に?)、PT・OT・ST各5か条を作る試みだ。昨年度に仮案を作成し、今年度のPOS研修にて周知、議論を行っている。POS委員会のST 委員である私はST5か条作成に関わっているが、これはなかなか険しい道のりだった(いや、まだ過去形ではない)。どうして険しかったのかを振り返ると、まず自職種の専門性を改めて明確にして合意を形成する作業は、実に大変だった。領域を定めること、特徴を明確にすること、取捨選択してわかりやすく並べること…。同職種であっても、やっていることや考え方が全く同じではない。その状況を踏まえて、議論を繰り返し、各職種のスタンダードを導き出すのは、予想以上に困難だった。そしてようやく各5か条を示せば、そこに待っているのは、「3職種に統一性がない」というご意見である。納得できる完成形を世に出すにはもう少し時間がかかりそうだが、今年度の3回の研修を終え、何とか先が見えてきたような気がしている。 先日九州博多で行われた第3回POS研修は、5月の東京、6月の大阪と会を重ね、参加者や一般の方からweb上で意見をもらい、それらをもとにPT・OT・ST各委員で議論を重ねてきたので、論点は絞られ、問題点も明確になってきた。 ここからは、全く個人的な私のつぶやきであるので、了解の上読んでいただきたい。 最初にPT委員から提案されたPT5か条は、一般の方から「回復期のPTらしくない!」という意見が噴出したが、実は私自身もそう思っていた。私の中に「私が思う回

最新記事
Archive
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2016 Akiko Morita. All rights reserved.