CBA日記への投稿をお待ちしています...。

​担当者:森田 秋子・山本 総

連絡先:E-mail cbaninchikanren@gmail.com

詳細はこちら

CBA日記

「運動認知行動研究会in練馬、2018」に参加して

学生時代、言語発達を学んだ際、「知能検査の中で唯一測れないものが創造性です」と学びました。それゆえに人の創造性は限りがなく、患者さんである前に人である、対象者の個性や感性を大切にするとともに、私たち言語聴覚士も常に創造性をもち、豊かな経験を積んでいくように。と先生であるSTに教えていただきました。 今回の運動・認知・行動研究会は、正にその創造性を発表者・参加者ともに強く感じる事のできる研究会でした。参加職種はNs・OT・PT・STと現在も今後も日頃の連携を図っていきたい職種の参加があり、今回は拠点が東京以外の参加者やCBAのホームページを見て参加された方など、その参加者を見ただけでも、面白いはずがない!と、最初からワクワクが募るスタートでした。 6月23、24日に富山で開催される日本言語聴覚士学会の予演を中心に、OTの方2名が発表されたIADLの予後予測の発表、NsやPT・OTとどのような情報共有を日頃行うことがSTとして必要とされているかの発表など、どの演題も内容が濃く、時間を忘れて参加することができました。 この研究会のコンセプトなのだろうと勝手に思っているのですが、森田先生が研究会内でも仰っていた「この研究会は、新人もベテランも職種も関係なく、言いたいことを言う!」というのは、改めて貴重な機会だと感じています。 Ns・PT・OT・ST・・・と同職種内や、急性期・回復期・生活期と所属フェーズに分けた発表の機会はあるものの、全てが会すような場は、なかなか無いのではないかと思います。 また、この日の発表の中にもありましたが、発表者ご自身が経験年数を重ねるに従い、所属先のTOPも

最新記事
Archive
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2016 Akiko Morita. All rights reserved.