CBA日記への投稿をお待ちしています...。

​担当者:森田 秋子・山本 総

連絡先:E-mail cbaninchikanren@gmail.com

詳細はこちら

CBA日記

「回復期リハビリテーションにおける言語聴覚療法」講習会(各論編)開催される!

日本言語聴覚士協会(以下ST協会)主催の「回復期ST講習会」は平成23年以来毎年開催してきたが、今年度は歴史的な年となった。 初めて、ST協会の医療保険部員と回復期リハ病棟協会PTOTST委員会ST委員合同での開催となった。回復期リハ病棟協会の後援をいただいたことも、重要であった。これまで、参加者確保が難しく苦労してきたが、今年度は応募開始から3週間、締め切り前の満員御礼となり、当日は80名を超える参加者の熱気があふれていた。 回復期の現場は施設による差が大きく、特にSTは施設によって果たす役割も異なっている。何を目指していいのかわからず道に迷っている若いSTが、現場にはたくさんいる。こうした現状の中、回復期ST領域に責任を持つ2つの協会の委員の合意と了解の中、本講習会が開催できたことは、本当に大きな意味があったと感じる。 今回のプログラムは、まず回復期リハ協会園田会長から、回復期リハ病棟の現状と会長自らのSTへの要望を語っていただいた。要望については細かい内容ではなく、向かうべき方向性やマインドに近いものと理解した。詳細な中身については「専門職であるあなたたちにまかせている」と言っていただいたと受け止め、深く感謝した。 続いては、回復期リハ病棟協会POS委員の沖田啓子氏による、「セラピスト10か条とST5か条」の講義。今年度作成したST5か条は、本講習会のベースとなっている。ST5か条があったからこそ、この講習会ができた、ともいえる。回復期STの姿が像を結び始め、それによって本講習会の内容も決まった。ST5か条の合意は、今後の回復期STの発展に欠くことのできないものであった。

高次脳機能障害学会に参加しました

11月は機能評価準備に2つの学会が重なり、老体の体力は戻る暇がない。しかし、今年の高次脳機能障害は心に残る、価値のある学会となった。 日本高次脳機能障害学会は、その昔日本失語症学会という名前で(2003年に現在名に変更)、1977年失語症研究の中枢であった伊豆韮山カンファランスを母体に設立した。当時の若いSTにとっては(私もその一人)、「遠い憧れ」「手の届かない星」みたいなものであった。先日も記したが、30代を子育てに追われた私にとって、失語症学会は結局手が届かなかった。40代になって、はじめて高次脳機能障害学会で発表した時(しかも深層失語事例の書字障害をテーマ!)、ようやく自分がSTになれたような気がして、感慨深かったのを思い出す。 今も敷居は低くない。リハケア合同研究大会や回復期リハ研究大会であれば、若手にチャレンジさせられる、日本言語聴覚学会であっても中堅のステップアップに、と位置付けられる。ところが高次脳機能障害学会はそうはいかない。まず、発表する十分な価値のあるデータがそろっていること、そしてその意味を伝えられるべく過去の研究の整理ができていること、そして1つの研究として科学的で筋道の立ったストーリーを作れること。つまり、求められるレベルがちょっと違う学会なのだ。失語症なり高次脳機能障害なりを真に理解していなければ、発表できない。高い敷居をまたぐことはできない。 鵜飼リハに来て3年。リハケア大会、回復期リハ研究大会、嚥下学会、ST学会と、STの発表につなげてきたが、高次脳機能障害学会は最後に残った峰である。昨年12月にある患者さまに出会い、「高次脳機能障害学会で発表で

第2回「てくてくの会」開催される!

機能評価の準備が佳境となる中、第2回失語症友の会「てくてくの会」が開催された。 7月に開催された第1回に続き、今回もまた心を揺さぶられる場面が続く、濃密で感動的な交流会となった。 何といっても、冒頭のご挨拶をされたNさまの奥様のスピーチは、若いSTの涙を誘った。第1回「てくてくの会」に参加したことで、奥様の気持ちは大きく変化したという。脳梗塞により右片麻痺と失語症を生じたご主人の障害を「治さなければ」という思いで、張り詰めた時間を過ごしてきたが、前回のご家族代表のご挨拶を聞き、またほかの参加者の方と交流することで、肩の力が抜けた。「こんなに肩ひじ張って生きていなくていいんだ」と思い、これまで外出と言えば、病気を治すための講習会などを探して参加するというようなことばかりだったが、病気後はじめてご主人と二人で旅行に行った。コンサートに行った。治ることをあきらめたわけではない、でも病気のことだけを考えて悲壮な気持ちで生きている必要はない、もっと気楽に、もっと楽しく、もっと素直な自分の気持ちに従って生きていっていいんだ…。第1回「てくてくの会」が、そんな気持ちを引き起こしてくれた、というお話だった。 私がもっとも印象に残ったのは、若い失語症の女性Yさまである。重度の失語症を呈したあと、苦しい時間が続いていたと思う。できなくなったことに目を向ければ、心は押しつぶされそうになったと思う。これまではあまり他人と関わってこられなかったが、今回「てくてくの会」責任者の小林主任の誘いに、周囲の心配を押し切って「私は「てくてくの会」に参加する」という意思を示してくださった。当日、「自分を紹介するもの

最新記事
Archive
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2016 Akiko Morita. All rights reserved.