CBA日記への投稿をお待ちしています...。

​担当者:森田 秋子・山本 総

連絡先:E-mail cbaninchikanren@gmail.com

詳細はこちら

CBA日記

第12回愛知県言語聴覚士会学術集会・市民公開講座開かれる!

皆様のおかげをもちまして、表題学術集会および市民公開講座が、盛況のうちに無事終了しました。参加してくださった方々、準備・運営に関わられた方々、すべての関係者の皆様に、大会長として心より御礼申し上げます。 さて、参加したSTから「全体として、よいプログラムだった」といっていただいたことで、まず一安心です。「徹底的に失語」をテーマに、朝一番は愛知学院大学の辰巳寛氏に、失語の発話流暢性評価をお願いしました。STとして知っておくべき知識を身につけることの重要性を訴えるために、まずは専門性のコアとなるミクロの領域から入りました。 続いて、急性期・回復期・生活期を通じて1事例の症例検討を行い、機能障害の推移を明らかにするとともに、ICFの観点から問題点を病期別にとらえ、それぞれの病期の失語症の症状の特徴とSTの関り方のポイントを示しました。この発表は、論点が明確でよくまとまっていたことから、大変良い評価をいただきました。 午後のランテョンセミナーでは、森ノ宮病院の椎名英貴氏による、「回復期失語症者の嚥下リハビリテーション」について話していただきました。重症度別の回復パタンを示していただいたあと、失語症者特有のコミュニケーション障害や失行を含めた具体的な特徴や関りのコツがふんだんに盛り込まれ、いつもながらわかりやすいお話でした。 そして、最後が市民公開講座。「失語症と共に生きる―言語聴覚士にできること―」というタイトルで、4組の失語症者(ご家族)とSTのペアに発表していただきました。失語症のタイプや重症度、生活状況や生き方はそれぞれ異なりますが、発症からの経過、失語症を理解し受け入れ、たくま

運動認知行動研究会、充実した熱い発表と討論に参加者満足!!

西武池袋線練馬駅徒歩1分の練馬駅は、交通の便が大変素晴らしく、研究会開催場所としては最高です。今年も無事にPT、OT、STに参加していただき、運動認知行動研究会を開催できたことを嬉しく思います。特に今回は、インターネットでこのサイトを見つけて研究会に興味を持ち、当日参加してくださった方があり、改めてHPを開いてよかったなあ、と感じた次第でした。議論が盛り上がり、私は温めたCBAフローチャートを披露し、参加した皆さんが明日からの臨床に持って帰るものを得られた、良い研究会となりました、 毎年、6月開催はST学会の予演を兼ねた発表が中心になり、参加者もST中心となりますが、発表演題は歩行を含むADLをターゲットにしたものや、コミュニケーション、高次脳機能障害と活動を絡めたものであり、3職種での議論する意味の大きいテーマでした。PT、OTの参加者は少人数であったにもかかわらず、素晴らしい意見やアドバイスをいただき、感謝しております。年に2回の細々とした研究会ではありますが、その都度集まった方々が高い満足度を得られることを何より大切にし、これからも続けていきたいと思っています。次回は半年後です。皆様の参加をお待ちしています。 さて、常連メンバーとして参加してくださるPTの増田幸泰さんは、国際医療福祉大学病院勤務時代からの戦友です。思い出すと出会いは14年前、彼は大学卒業2年経過したばかりの、初々しい青年でした。同大学の卒業生ばかりで構成された大学病院リハチームは、PT・OT・STがとても仲よく、それまで勤めた徳丸病院のリハチームによく似た雰囲気であったため、熱い思いで第2の職場人生のスタ

サイトオープン1周年! 三輪書店から報告

HPを開設して、1年が経過しました。 いろいろなことがあった1年でしたが、多くの方々に当サイトに訪れていただき、楽しい出会いもたくさんありました。サイトから見つけて講習会に参加してくださった方とも、意見交換させていただく機会ができ、有意義な時間をたくさん持つことができました。まずは、読者の皆様に心から感謝したいと思います。 思い返すと、昨年のゴールデンウィークに本郷にある三輪書店を訪れ、CBA書籍の最終ゲラのチェックを行った話を日記に書き、それを掲載するためにCBA日記コーナーを思い立ったのがHP立ち上げのスタートでした。サイトとともに書籍も発行1年を迎え、おかげさまでたくさんの人に読んでいただきました。本が売れない時代に、「絵や図表を多くして、フルカラーで」という強いアドバイスをくださった三輪書店編集者(初代小林美智さん、二代目山中恭子さん)と、二人三脚(三人四脚?)でここまで進んできました。お二人とも、リハビリテーションへの熱い情熱と良い書籍を作るための粘り腰が、天下一品の編集者です。たまたま1年後、打ち合わせで三輪書店を訪れましたので、三輪書店の紹介を兼ねてのご挨拶です。 (トップ写真は、三輪書店向かいの、東大正門前にて) CBAは少しずつ認知度を上げ、第2ステージに入ったと感じています。今季鵜飼リハでは、全事例CBAデータを取る体制を整え、生活行動につながる多くのエビデンスを発信していくために、研究領域強化に入りました。老いた身には厳しさもありますが、しぶしぶ必要に迫られ英文論文などを読む日々を過ごしています。 「CBA、いいと思うよ」と声をかけてくださる皆さんの思いを

最新記事
Archive
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2016 Akiko Morita. All rights reserved.