CBA日記への投稿をお待ちしています...。

​担当者:森田 秋子・山本 総

連絡先:E-mail cbaninchikanren@gmail.com

詳細はこちら

CBA日記

CBA講習会in名古屋、開催しました

今年も残り1カ月を切った週末、第4回CBA講習会を開催しました。第1回に続き、2回目の名古屋開催となり、今回は私が勤める医療法人珪山会グループ内の研修も兼ね、系列の中部リハビリテーション専門学校の講堂で行いました。おひざ元で行ったことで準備もスムーズ。法人内のスタッフの参加は総勢25人となり、CBA開発に取り組んできた私たちにとって、とても大きな意味のある講習会となりました。 外部からの参加者は35人。沖縄や岡山など遠方からお越しいただいた方もあり、ありがたいことでした。名古屋に来てから知り合いになり、CBAに興味を持って今回参加してくれた皆さんとは、これから何かにつけ近くで一緒に議論していかれる可能性が開け、とても嬉しいことでした。また、セラピストマネジャーコースでの出会いから、5名のグループで参加してくださった大阪、岸和田盈進会病院の皆さんは、終了後の懇親会にも参加してくださり、今後いいお付き合いができる予感が! OTとSTが、高次脳機能障害をめぐっていい関係を築いている様子がよくわかりました。 講師陣は、前回の7月と同じ。午前中総論を私が担当した後、介護福祉士(磯部香奈子さん)、PT(野口隆太郎さん)、OT(佐藤英人さん)、ST(伊藤梓さん)の4人の講師が、それぞれの職種がCBAを用いる意味について話していただきました。2回目であったせいか、前回よりさらに引き締まった内容でした。 恒例のグループディスカッションは、今回も経験年数により班分けを行いました。若い年次の班は若いなりに、経験者は経験者同士で、議論は深まっていきます。当法人からの参加は、回復期リハ病棟、一般病床、訪

高次脳機能障害学会2017、参加記

年末になり、今年最大のイベントである高次脳機能障害学会が終わり、今日は疲労困憊です。 今年の大会会場は埼玉県大宮。日本言語聴覚士協会副会長の立石雅子先生が学会長で、全体にST色の濃い高次脳機能障害学会であったように思います。大会テーマは「わかり合うを科学する」。高次脳機能障害の領域も多岐に広がる今日ですが、失語症、読み書き障害、共感、といった企画が並び、STにとって親しみのある大会でした。来年は種村留美先生が大会長、OT色の強い学会になっていいのではないかな、と思います。医師の大会長が多い本学会ですので、OTやSTが学会長の時は、その職種に光が当たることも大切な気がします。 さて、高次脳機能障害学会始まって以来という、「多職種連携」がテーマのシンポジウムが企画され、STのシンポジストに選んでいただきました。企画としては、5人の講師の話した内容がそれぞれに異なっていて、全体の統一性やメッセージ性はわかりにくいところもあったと感じますが、初めての企画としての面白みはあった、という評価はいただけたようです。 私は、CBAを中核に置いた話をさせていただきました。 内容は3つ。1つ目は、多職種連携でより重要なのは、個別症状よりも全般症状であること。高次脳機能障害学会で口にするにはずいぶん勇気が要りましたが、一番譲れない点でした。 2つ目はCBAの紹介。利点として、①高次脳機能障害を専門としない職種を、議論に招き入れることができること、②リハの難易度を検討するときに視点が明確になること、そして③リーズナブルな認知機能の数値データの提供ができること。初めて聞く人にはわかりにくかったかもしれま

最新記事
Archive
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2016 Akiko Morita. All rights reserved.