CBA日記への投稿をお待ちしています...。

​担当者:森田 秋子・山本 総

連絡先:E-mail cbaninchikanren@gmail.com

詳細はこちら

CBA日記

新たな時代へ....PT・OT・ST連携

早いもので、第8期セラピストマネジャーコースも第2クールを迎えた。4日目の今日、PT・OT・ST5ヵ条をめぐるグループディスカッションの日がやってきた。昨年度から続くこの議論は、今年度無事に1版を公開し、続くPT・OT・ST研修では5か条の理解を深めるための企画を開催している。いよいよセラピストマネジャーコース受講者たちに、自らの専門性を語り合ってもらおう、ということで、どんな展開になりか大変楽しみにしていた。 2000年に回復期リハ病棟ができたころ、チームアプローチは名ばかりのものであった。それからの10数年、セラピストの病棟配置が進み、声高にチームアプローチが求められる中、多くの回リハ病棟で、専門性とチームアプローチのバランスは、チームアプローチへと傾きを強めていく傾向を示した。PT、OT、STの専門性はどこにあるのか。1990年代には、もう少し何かあったのではないか、と彼方を思いやるが、ともかく専門性は何となくだんだんうやむやになって、何だかわからなくなっていってしまったのではないか。 ディスカッションでは、まず事例を提示し、この事例に対し「PT、OT、STが、それぞれ専門職として、何をするのか」と問うた。驚くことに、「専門性」と尋ねても、つい「チームで目指すこと、みんなでやること」を答えてしまいたくなる。私たちは、この間回復期リハ病棟で、十分にチームアプローチの申し子となっていることを知る。それは大切なことではある。職種を越えてチームの共通の目標を持つことは、回復期リハ病棟が育んだ連携のスキルであり、多くの効果をもたらした。しかし、同時にそうこうしているうちにいつの間に

最新記事
Archive
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2016 Akiko Morita. All rights reserved.