CBA日記への投稿をお待ちしています...。

​担当者:森田 秋子・山本 総

連絡先:E-mail cbaninchikanren@gmail.com

詳細はこちら

CBA日記

伊予病院への旅-大きな実りを得て-

秋晴れ渡る午後、初の国体単独開催に沸き返る愛媛の地、松山の伊予病院を訪ねさせていただきました。 一泊二日の松山行は、伊予病院200名近いスタッフの前でCBAの話をさせていただく機会から始まり、道後温泉街の趣豊かな味どころでの懇親会、古式豊かな宿一泊、翌日は瀬戸内海を臨む初秋の松山城を堪能し、名古屋への帰路につく、という充実した時間でした。 この機会のきっかけを作ってくださったのは、伊予病院の大塚恵看護師長。ある日「CBAを使ってみたい」という突然の電話をいただいてからのお付き合いですが、昨年は名古屋の当院を訪れてくださり、行きつけの串焼き屋で語り合い、楽しい夜を過ごすなど、CBAをきっかけに濃い時間を共有してきました。とうとう病院へ呼んでいただき、多くの新しい貴重な出会いをいただきました。心から感謝しています。 藤田正明院長は、回復期リハ協会理事会でお世話になり、理事会後の「一杯」にもよくご一緒させていただき、お話を聞く機会もありましたが、今回はぐっと深く知り合うチャンスとなり、ほんとうに幸せでした。何といっても1992年当時働いていた徳丸病院で導入した「脳卒中予後予測システム-RES」の開発に、藤田先生も関わられていたという話には、なつかしさやらありがたさやら、胸がいっぱいになりました。RES開発者である中村隆一先生はもちろんですが、私にとっては徳丸病院にRESを入れる提案をしてくださった加倉井周一先生(当時東大、徳丸病院非常勤勤務)、そして私たちの最初の学会発表を何から何まで助けてくださった長崎浩先生(当時老人医療センター勤務)のお二人と過ごした熱い時間が蘇り、ほろ酔い気分

最新記事
Archive
タグから検索
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon

Copyright © 2016 Akiko Morita. All rights reserved.